kiwinote

キウイノート:Webライターきゅーいんがむが日々あったことを綴っていくブログ。

調子が悪いときの自分との向き合い方

こんばんは、きゅーいんがむです。
ようやく落ち着いてきたのですが、今月は心身の調子が悪い日が続いていたので、

調子が悪かったときに自分と向き合うためにやっていたこと・考えていたことについて書こうと思います。

(わたしは内向型人間なので、同じ内向型の人の方が共感できる内容かな?と思います)

1. 調子が悪いことを自覚して、無理をしないようにする

f:id:Qingum:20171216132611j:plain

 

大事なのはたぶん調子が悪いことを自覚する、の部分だと思います。

ただ、調子良い悪いってけっこう曖昧で、良いように思えて悪かったり、悪いように思えて悪くなかったり、ということもあるので、この辺りはある程度目安になる物事を考えておくと良いのかなと思います。

(わたしの場合で言えば、寝た時間はいつも通りなのに起きる時間が遅くなったときとか、普段やってるゲームでいつも問題なくクリアできるレベルが何故か上手くできないときは調子が悪いような気がしています。)

自覚したら後は無理をせず、休めるタイミングがあれば極力休む!寝る!
というのがたぶん調子が悪いときに対する一番の正攻法だと思います。

2. 他人を気にしないようにするために、一旦全てをシャットアウトする

f:id:Qingum:20171216132648j:plain

でも、調子悪いときほど素直に「今日は調子悪い!寝よう!」って思えないんですよね。

いつもならできることが思うようにできないストレスや、他の人は頑張っているのに自分だけ前に進めない焦りで、寝てる場合じゃない、もっと頑張らなきゃ!って思ってしまう。そして焦って空回りして更に調子が悪くなってしまう…みたいな悪循環になってしまうことがわたしは多いです。

そうなってしまうともう眠れないので、次の作戦をとります。

  1. SNSなど、人とつながる場所を一旦閉じる
  2. LINEなどの他人からの通知を一旦OFFにする
  3. 一人きりの空間を確保する

周囲のことが気になりつつも「他の人は頑張っているのに…」と焦りがちな内向型人間なので、まずは落ち着くために距離をとります。
しかし、無理やり引き離してもすぐに戻りたくなるので、ここでもうひとつ、

  • 何か頭を使わず没頭できることに身を委ねる

ということをします。
体も動かせるので運動なんかができればベストだと思うのですが、雪が積もって外を走れなくなってしまった(あと寒い)のもあり、わたしはもっぱら本やゲームで補っています。
本は楽に読める方が良いのでマンガを読んでいます(最近は家にあるダイの大冒険というマンガを一巻から読み直していて、わたしの中でレオナとクロコダインの評価が爆上がりしています)。

ドラゴンクエスト―ダイの大冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)
 

 

こうして一旦他のことに集中することで、ストレスや焦りをリセットします。

3.うまくいかない日を基準にして、自分に「プラス評価」をつける

f:id:Qingum:20171216132708j:plain

一旦ストレスや焦りをリセットした上で、それでもやっぱり、自分は休んでいるより他のことを頑張っていたいと思う場合は、諦めてできることをやります。

ただし、調子が悪いので、大抵うまくはできないです。
しかしその場合も「やっぱりうまくできなかった…」と思うより、「調子が悪い状態なのに少しだけ頑張れた」という風に考えるのが大切だと思っています。
なので、わたしはうまくいかない日はうまくいかないことを基準に、何もできなくてもゼロ、何か少しでもできればプラス、という風にできるだけ自分に「プラスの評価」をつけることにしています。

 

この考え方に関連することでわたしがやっていることは、やったことチェックリストを作ることです。
元々、個人で使っているesa(個人esaをはじめた経緯についてはこちらをご覧ください)に毎日やることチェックリストを作っていたのですが、調子の悪い日はそのリストにやったことチェックリストも加え、そこにどんどんやったことを書いてチェックをつけていっています。

 

f:id:Qingum:20171216140331j:plain

 

些細なことでもいいので書き出してチェックをつけていくと、調子悪い日だったけど悪いなりに色々やれているな、と自分の評価がプラスになっていくのでおすすめです。

調子が良くなってきたときの自分との向き合い方

「調子が悪いときの自分との向き合い方」についてはある程度こうしていけば良いかな、というのがわかってきたのですが、「調子が良くなってきたときにこの向き合い方をどう変化させていくか」については、実はまだまとまっていません。

調子が良い時はがつがつ原稿を書いて、がつがつ進捗出して…!
という感じにできればいいのですが、どうもそうやって頑張りすぎると自分自身、すぐにへばって調子を悪くしてしまう気がするのです。
どうすればもっと上手にコントロールできて、安定した進捗が出せるのか。この辺りを今後もうちょっと考えていきたいです。