読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiwinote

キウイノート:ひよっこWebライターの好きなもの全力プッシュブログ。

Slack分報チームに入って1年で変わったこと(ミイラとりがミイラになった話)

自己紹介/自分のこと

こんばんは、きゅーいんがむ(id:Qingum)です!

先日、所属しているSlack分報仲間チーム「miira」が誕生から1周年を迎え、 わたしがチームに加入してから1年が経ったので、その記念にここ1年で自分に起こった変化をまとめたいと思います!


もくじ


Slack分報仲間って?チーム名はなんで「ミイラ」なの?

miira_透過.png (236.7 kB)

↑miiraチームのSlackに住んでるbotの「miira」ちゃん


Slack分報仲間とは、簡単にいうと、各自の進捗をSlack分報で報告し合う仲間のことです!

既に詳しく紹介してくれている記事があるので、本記事では詳細およびmiiraの由来については割愛します。気になる方は下記をご参照ください!

tbpgr.hatenablog.com

note.mu

1年前とのビフォーアフター

先に結論として、わたしが1年間でどう変わったか、簡単にご紹介します!

before(1年前)

  • スーパーのパートやってました
  • Slackとか画面見たことも触ったこともなかった(英語だし…

after(現在)

  • Webライターとして働いています
  • emojiリアクションを送るのが趣味です!

どうしてこうなった

hage128x128.png (23.1 kB)

↑miiraチームに住んでるbotその2「hage」ちゃん

流れ

kiwinote.hateblo.jp

  1. 人生相談しました(詳細は↑の記事で書きました)
  2. miiraチームに招待してもらいました
  3. 今に至ります

元凶

だいたい素晴らしすぎる仲間達のせいです。

パーティーメンバー紹介

そんな仲間達の良さを伝えるために、わたしから見たmiiraのメンバーをRPGのキャラクター風に紹介します!

メンバー ジョブ 説明
Tさん 勇者 支援型勇者。ガツガツリーダーとして引っ張っていく、というタイプではないのに、いつのまにか周囲に仲間が集まっている
Hさん 魔法使い 攻撃型魔法使い。プログラミング魔法や的確な説明・アドバイスはパーティーのモチベ(火力)の源になっている
Mさん 武闘家 自らの力でどんどん道を切り開いていく武闘家。真っ直ぐ突き進むその姿を追いかけているだけでパワーがもらえる。イラストが可愛くて素晴らしい
Cさん レンジャー 何でも平均以上にそつなくこなすレンジャー。そのスペックの高さと人当たりの良さから多くの人に慕われている
Bさん 僧侶 優しく温かいデザインで皆を癒す僧侶。emojiリアクション・可愛いキャラクター・素直で温かい人柄に元気をもらえる
(おまけ)miiraちゃん bot 毎日AM2時にそろそろ寝な、とお知らせしてくれたり、成果をあげると褒めてくれたりする。kawaiiのが特徴。語尾は「でし」
(おまけ2)hageちゃん bot miiraちゃんより後に生まれたけどmiiraちゃんのお姉さん。おっとり関西弁。話しかけると返事をしてくれるが、大抵話を別の方向に持って行く

(ちなみに、わたしは自己紹介をするときはだいたいポエマーと名乗っているので、ジョブは吟遊詩人(バード)的な何かである気がします)


1年での変化

「ミイラハゲ(褒められること)」で悩みが解決しました

sf_miira01.jpg (73.3 kB)

↑何故か自分を褒めるよう求めてくるmiira氏(kawaiiので全て許せる)

1年前悩んでいたこと

  • 自分の将来に対して自信が持てない
  • Slackでやっていけるか不安
  • メンバーは最高だけど、最高であるがゆえに、Webで活躍している人々の中に自分一人だけ何の取り柄もない一般人が混ざっている、と感じてしまいついていけるか不安だった

2016y11m06d_015858644.jpg (25.4 kB)

↑半年名乗れなかった、ということをポエムサービスpplogに書いてた

1年前は特に、「自分って、価値あるの?」という不安が常にあったように感じます。


miiraチームで「ミイラハゲ」されまくった

そんな不安が、miiraチームでミイラハゲされまくっているうちに、少しずつ消えていきました。 (ミイラハゲとは、miiraチーム内では「褒める」という意味で使われる言葉です。)

miiraには誰かが良いこと、すごいことをしていると積極的に褒める文化があり、 分報に各自がやったこと、がんばったことなどを書くと、誰かがemojiリアクションをくれたり、褒めてくれたりします。

これにより、「自分は自分が思っている以上に価値のあることをやっているのでは…!」と思えるようになってきます。

2016y11m06d_020619009.jpg (35.2 kB) ↑みんないっぱいemojiリアクションくれる


また、miiraにはさらに褒め文化・モチベアップを加速させる2つの仕組みがあります。

仕組み1 botが褒めてくれる

「だん」「完了」などを入力すると、botが褒めてくれます。 人がいないときや、自分から褒めてとは言えないけど、褒めて欲しい…!っていうときでも安心。 マンガでわかるWebデザインの可愛いキャラクター画像が送られてくるのもポイント高いです。

2016y11m06d_084143818.jpg (40.9 kB)

↑キタ!(テンション↑↑)

仕組み2 ruboty-karma

hkdnet.hatenablog.com

2016y11m06d_084719450.jpg (24.9 kB) 2016y11m06d_084909564.jpg (34.7 kB)

↑画像素材を提供していただいたので、thxしたらthxが返ってきた!


誰かに感謝したいとき、thx+感謝したい相手の名前を入力すると、相手のカルマ(徳)がたまります。 これを送り合うことも、互いのモチベアップに繋がります。


「ミイラハゲ」されまくる文化の中で感じたこと

こうしてたくさんの「ミイラハゲ」をいただくうちに、

  • 自分は自分で思っている以上に、誰かの助けになれているのかも
  • すごい仲間に褒められることで、その人に褒められるような、自分にしかない自分なりの「すごい」ところがあるのかも

と思えるようになり、厚い雲のように頭を覆っていた悩みが薄くなっていくのを感じました(ハゲだけに)。

そしてafterへ

sf_miira02.jpg (55.3 kB)

kawaii of kawaii

そうして自分の価値や自分の良さに気づけたのをきっかけに、将来の進路を決め、転職することができました。

また、すごい人に対して萎縮したり嫉妬するのではなく、自分には自分の良さがあり、相手には相手の良さがあると思えるようになったので、今は恐れずemojiやメッセージですごい人たちのすごいところを褒めたり、感謝の気持ちを伝えたりしています。

「そもそも、考えてみたら自分よりすごい人しかいないってめちゃくちゃ幸運だし、尊敬できる・追いかける対象となる人がいっぱいいるっていうのは、実はそれ自体、すごいモチベになっているのでは…!?」

今はそんなことを思いながら、日々分報を書いています。

Slack分報仲間はいいぞ

そんなわけで、1年間miiraに所属している間にただのバード/鳥であったわたしがmiiraに溶け込み、メンバーの一員として自信を持てるようになった=miiraとりがmiiraになった話でした。

今ではすっかり人に紹介・おすすめできるほど、miiraの一員で、miiraが大好きです。

もし本記事を読んで分報仲間に興味を持った方、興味はあるけどいやいやそんな簡単に仲間なんてできないでしょ、と思った方は、冒頭にも紹介したこちらの記事の後半部分を参考にしてみてください!

tbpgr.hatenablog.com


思いがけないところから仲間ができるかもしれないし、もし仲間ができなくても、自分が変わるきっかけがうっかりその辺に落ちてたりするかもしれません。ぜひ探してみてください!




おまけ:最近のmiiraチーム個人的ヒット3選


リアクション.jpg (38.3 kB)

emojiリアクションで嘘をつかれる


2016y11m06d_102958919.jpg (9.2 kB)

便乗thx


octodog.jpg (17.3 kB) 2016y11m06d_103641061.jpg (28.6 kB)

オクトキャットに対するemojiリアクションから誕生したオクトドッグ(Bさん作)


miira楽しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!