kiwinote

キウイノート:Webライターきゅーいんがむが日々あったことを綴っていくブログ。

日本テクノ株式会社さんのエコカレンダー2018が届きました!

 

こんばんは!きゅーいんがむです。

kiwinote.hateblo.jp

以前こちらの記事で紹介したエコカレンダーが無事届いたので久しぶりにブログを更新します!

(実は一ヶ月くらい前には届いていたのですが今更ブログに書きます…)

 

前回のあらすじ

  • ライティング練習の一環として、応募者全員にエコカレンダーがプレゼントされるキャッチコピー募集キャンペーンに応募しました
  • 採用されると、考えたキャッチコピーがイラスト付きでカレンダーに載ります
  • 一人12本まで応募できるとのことだったので、とりあえず6本考えて応募しました

 

応募した結果は?

残念ながら、採用されず。

応募総数4,672人(しかも一人12本まで応募可能)ということで、かなり倍率が高かったこともあり、採用されませんでした。

でもでも、とりあえず素敵なエコカレンダーが届いたので紹介したいと思います。

 

届いたエコカレンダー2018のイラストがめっちゃ綺麗!

 

f:id:Qingum:20171212124203j:plain

 

表紙めっちゃ綺麗!

わたしより先に母が届いていたのを発見したのですが、「いいなー何でもらったの?」って聞かれました。

「応募したんだよ!採用されなかったけどね!」

とは答えませんでしたが、わたしもおおー!と魅入ってしまいました。

 

受賞作とイラストについてはこちらのページに載っていますので、ぜひ見てみてほしいのですが、お気に入りのひとつだけここでも少し紹介したいと思います。

 

f:id:Qingum:20171212124231j:plain

 

9月のキャッチコピーなんですが、日本の風景を川柳のような形式で綴ったものが多いこのキャッチコピーの中で、「シンフォニー」という言葉が5文字で使われていることが印象的でした。和と洋の融合という感じでとても素敵です…!

そしてイラストもめっちゃいいです…!月に映えるキリギリスは、なんだか演奏者のようでもあり、指揮者のようでもありますね。

 

他の月の作品もどれも素晴らしく、わたしだって良いの作ったのに…!というよりは、普通に完敗という気持ちでした。し、精進します…!

 

ちなみに、どんなコピーを応募したの?

 

えーと、前回記事で「もし採用されなかったら、応募した作品をブログで公開しようかなーと思っています」とかうっかり書いてしまったので、恥ずかしながら応募したキャッチコピーを公開したいと思います。

なんとなく9月~11月辺りが応募少なそうかな?と思ったのでその月に絞って応募しました。

 

9月

  • にょきにょきと 高く伸びゆく 子とキノコ
  • 待ちわびた 稲穂の黄金に 頬緩む

10月

  • 窓の外 つやりと光る 寒露
  • 金木犀の栞に読書の手が止まる
  • 紫蘇の葉の 天ぷら並べて 秋数え

11月

  • 向寒の砌 手紙と腹巻き 子に送る

 

以上です。採用作品と比べてみると、全体的に難しめの漢字を使いすぎたり、肩肘張りすぎた感があるので、もっと自然に見える景色をふわっと言葉にまとめられるようにできたら良かったのかなーと思います。

 

個別包装なしで、そのまま配送

 

そうそう、このエコカレンダーなんですが、裏に宛先シールを貼っただけの状態で、個別包装なしに届いたんですよ。

 

f:id:Qingum:20171212124308j:plain

 

こういうところでも、主催者の日本テクノ株式会社さんのエコへの考えが伝わってきてとても素敵だなーと思いました。

また、同じく裏面に素敵なメッセージもあったので、こちらも少しだけ引用したいと思います。

エコカレンダーを通して、暮らしのなかで見つけた風景や四季の色合い、また未来の環境へと心をかたむける、楽しい時間をお過ごしいただけますと幸いです。

 

このメッセージを読んで、採用うんぬんより、キャッチコピーの練習をしながら四季や環境について考える機会が得られたことが良かったなーと改めて思いました。

 

 

 

…とはいえ、ここで諦めたわけではないのでw、来年も懲りずに挑戦したいと思います!

採用+イラスト化されたい!来年がんばる!