kiwinote

キウイノート:ひよっこWebライターの好きなもの全力プッシュブログ。

エコカレンダー欲しさにキャッチコピー募集キャンペーンに応募しました

こんばんはお久しぶりです、きゅーいんがむです。

ライティング練習の一環として何か応募できるコンテストやキャンペーンがないか探していたところ、期限が近いもので応募すると応募者全員カレンダーがもらえるという太っ腹なキャンペーンを発見したため参加することにしました。

f:id:Qingum:20170520234420p:plain

キャンペーンはこちら、日本テクノ株式会社のエコカレンダーキャッチコピーキャンペーンです。

エコカレンダーキャッチコピーキャンペーン|日本テクノ株式会社

 

日本テクノ株式会社ってどんなところ?と調べてみたところ、

電気エネルギーに関する総合サービスを提供する会社で、電力データをリアルタイムで閲覧でき、あらかじめ設定した目標値より高いか低いかもニコニコマークの表情で瞬時にわかる”スマートメーター エリア"や企業向けの太陽光発電導入サポート、省エネのための設備改善サポートなどを提供している会社のようです。

 

そんな日本テクノ株式会社がどうして太っ腹なキャンペーンを行っているかというと、

エコカレンダーの制作を通じて、
また、このカレンダーをご利用いただくことで、
多くの方々と環境問題をより身近に感じ、地球温暖化防止の推進に向けて
ともに進んでいきたいと考えております。

(引用元:エコカレンダーキャッチコピーキャンペーン|日本テクノ株式会社

という考えがあるからだそうです。

確かにキャッチコピーを考えることで、何かきっかけになりそう!とそういうきっかけに乗っかるのが好きなわたしは乗っかって考えていくことにしました。

 

昨年の採用作品一覧を見てみると、

・1月 青空へ 親子三代 凧揚げる
・5月 新緑の 木漏れ日つないで けんけんぱ
・7月 りんごあめ 透かして見れば 夏の色

等々、1月から12月まで並んでおり(カレンダーだから当たり前だけど)、どれも言葉だけで情景が浮かんでくるような素敵なキャッチコピーでした。

実際、採用された作品は優しいタッチのイラストがついていてすごく素敵な雰囲気。

わたしも素敵なキャッチコピーを考えてイラストつけてほしい!みたいな欲が高まってきたので、採用作品のような、情景が浮かぶようなキャッチコピーを考えることにしました。

 

Webからの応募だと1人3回9本まで、ハガキからだと12本まで応募できるとのことだったので、わたしもなんとか捻り出した6本を応募。

結果は9月までわかりませんが、とりあえず素敵なカレンダーはもらえるし普段あまり意識しない季節や環境をテーマにしたキャッチコピーを考えたりできたので、こういう機会っていいなーと思いました。(ついでに採用もされるといいなー!)(もし採用されなかったら、応募した作品をブログで公開しようかなーと思っています)

 

締切は本日5/21ですが、本日いっぱい受け付けてもらえるようなので、もし興味がある方は参加してみてください!